包茎手術後に痛みを感じることはあるのか

包茎手術後に痛みを感じることはあるのか

包茎手術後の痛みは強く感じる人もいれば軽い人もいる

包茎手術の利用を検討している人が心配しがちなことの一つに、手術後に患部に痛みを感じるのかという点があります。
包茎手術は男性の一番デリケートな部分に行う手術であるため、痛みがあるのかというのは多くの人が気にするポイントになっています。
中には、もしも手術後に強い痛みがあるのなら、包茎手術の利用をあきらめようかと悩んでいる人もいるかもしれません。

結論を言うと、包茎手術後の痛みの感じ方には個人差があります。
手術した部分が痛くて気になるという人もいれば、それほど気にならないという人もいます。
また、包茎手術の後に、手術をした部分ではなく露出するようになった亀頭が痛いというタイプの人もいますが、これは真性包茎だった場合などで亀頭が刺激に慣れていないことによるものです。
手術後に亀頭が擦れた時などにピリピリするなどの痛みを感じる人がいることがわかっていますが、そういう場合でも日が経つに連れて徐々に刺激に慣れて痛みを感じなくなることが多いとされているので、あまり心配はいらないでしょう。

ほとんどのクリニックでは手術後の痛みに備えて薬を処方している

包茎手術後の痛みは人によって感じ方に差があり、その時になってみなければ実際の所はわかりません。
軽ければ良いですが、もしも痛くてたまらなかったらどうしようと手術を受ける前から不安になってしまう人もいることでしょう。
しかし、包茎手術を行っているクリニックでは、基本的に手術後の痛みに備えて患者さんに鎮痛剤などの痛み止めを処方しています。
そこで、手術を受けた後、家に帰ってから患部が痛んだ時はそれを飲むようにすれば痛みが軽減できることが期待できます。
多くのクリニックは、患者さんが帰宅する時に痛み止めの飲み薬を渡すようにしているので、痛くなってから病院に行って薬をもらうという手間はかからないはずですが、心配な人は手術後に痛み止めがもらえるのかについて事前に確認しておくと安心です。

大抵の人は包茎手術後に痛みを感じたとしても、病院でもらった薬を使って対処できます。
そのため、これから包茎手術を受けたい人は、手術後の痛みについて心配しすぎる必要はないと考えられます。

まとめ

包茎手術を受ける前には、多くの患者さんが色々な心配ごとに悩まされます。
その中に、手術後に感じるかもしれない痛みへの不安もありますが、痛みの感じ方には個人差があり、それほど気にならない場合もありますし、痛み止めの薬が処方されることが多いのでそれで耐えられる人がほとんどです。

包茎手術は受けたいが手術後の痛みが不安で踏み出せないという人は、利用予定のクリニックで相談してみると良いアドバイスが受けられる場合もありますし、痛み止めの処方についても確認すれば安心して手術に臨めるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です