包茎手術の麻酔は痛みを感じる?

包茎手術の麻酔は痛みを感じる?

注射の痛みに弱いなら

包茎手術をすれば、見た目の悩みを解消することができますし、清潔な状態を保てるので健康面でも良い効果が期待できます。
包茎手術は、手術とはいえ短時間で終わるものも多く、日帰りが基本です。
それゆえ、体への負担も少ないといえますが痛みが心配という人は少なくありません。
包茎手術は麻酔をしてから行いますので、治療中に痛みを感じる心配はほとんどないといえるでしょう。
とはいえ、麻酔は男性器に直接注射を打つことになりますのでその痛みが心配という人も多いものです。
包茎手術では、通常は局所麻酔で手術をしますので、男性器への注射は避けることができません。
注射針を刺すときと、麻酔薬が注入されるときに痛みを感じやすくなります。
針を刺すときは一瞬ですが、大人でも注射の痛みに弱い人は多いといわれています。
痛みに弱い人は、それなりの配慮もしてもらうことができますのでカウンセリングの時には痛みに弱いということはきちんと伝えておきましょう。

痛みを抑える様々な工夫

“包茎手術で評判の高い医療機関は、痛みへの対処もしっかりと行っているところが多いといわれています。
まず、注射をする前に表面麻酔をしておけば、針を刺すときの痛みはかなり抑えられます。
注射針も細いものを使うなど様々な痛みを抑える工夫がされています。
さらに、複数の麻酔薬をブレンドする、注入のスピードを調整するなども、痛みの緩和に役立ちます。
包茎手術の不安を取り除くためにも、どのような方法で麻酔が行われているのかは良く調べておきたいところです。
麻酔の技術力が高い医師が在籍していることも大事ですので、医師の情報も確認しておきましょう。

包茎手術は基本的には局所麻酔で行いますが、どうしても痛みに弱い人や恐怖心をぬぐえないという人もいます。
そのような場合は、静脈麻酔で対応してくれる医療機関もありますので、相談してみましょう。
こうした方法なら、眠っているような状態で治療ができますので痛みに弱い人や恐怖心が強い人も安心できるのではないでしょうか。

まとめ

包茎手術は、麻酔をしてから開始しますので治療中に強い痛みが発生する心配はほとんどありません。
とはいえ、手術だけではなく注射の痛みさえ苦手という人も多いものです。
注射をするときも、表面麻酔をする、細い針を使うなどでかなり痛みを和らげることができます。
注射が苦手な人や痛みに弱い人は、そのことを伝えておくことも大切です。
より安心して治療をするためには麻酔の技術力が高いクリニックを選ぶことも大事ですので、情報は良く調べておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です