包茎手術は亀頭が腫れたり痛みを感じる場合がある

包茎手術は亀頭が腫れたり痛みを感じる場合がある

包茎手術そのもので亀頭に問題が起きることは少ない

よく勘違いしてしまうことですが、包茎手術を受けた後に亀頭が腫れたい痛みが生じたりする感覚を覚えることがあります。
しかしそれは多くの場合、勘違いです。
あくまでも包茎手術は包皮を切除したり、縫合したりする手術になりますので、亀頭そのものを扱うわけではありません。
多くは勘違いですので安心してください。
ただ亀頭増大などになると、痛みや腫れが起きるケースがあります。

亀頭そのものに痛みや腫れのケースについても、理解を深めておきましょう。
いろんな症例がありますが、特にカントン包茎となると包皮が亀頭を締め付けることになりますので、痛みや腫れが生じることがあります。
また包茎であることで不衛生な状態になり、そこから亀頭包皮炎になることもあり、そうあると痛みや腫れが生じることがあります。
手術そのものではなく、症状によって痛みや腫れが感じる考えるようにしてください。
包茎手術でそのようなことが起きることは、めったにありません。

包茎手術の痛みや腫れが起きたときの対処方法

包茎手術によって、亀頭に痛みや腫れが起きるケースはまれですが、手術でペニスそのものにそのようなことが起きることもあります。
そのようなことが起きたときの対処方法についても知っておきましょう。

多くはクリニックが事前に説明してくれますので、それほど心配することはありません。
痛み止めを処方してくれるところもありますし、腫れが起きたとしても多くは日を重ねることによってそれらは引いていきます。
手術後の過ごし方についてもしっかり説明を受けるはずですので、それをしっかり理解しておくことが大切です。

最近は減ってきましたが、若い看護師になると恥ずかしさからそのような説明が頭に入らないこともあるでしょう。
それでも冊子などで、手術後の過ごし方やトラブルが起きたときの対象方法を説明しているクリニックも増えています。

大抵はクリニックの言う通りにしておけば、痛みや腫れは一時的なトラブルになりますので、それほど心配する必要はありません。

まとめ

包茎手術で、亀頭に痛いや腫れが生じるケースはめったにありません。
そもそも手術を行っているのが包皮のほうですので、亀頭にそのようなことが起きることはありませんので安心してください。
また手術によって、痛みや腫れが起きるケースもあります。
それでも痛み止めや対処方法について、事前に説明を受けることから、それをしっかり理解しておくことで対処が可能です。
必ずクリニックの言う通りに手術後は過ごすようにしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です